千葉県の地域の人々に信頼される「かかりつけ薬局」ハーブランドグループ :ハーブランド薬局

pageimg

会社案内

会社概要

image 社名       ライフエンタープライズ株式会社 (地域ホームメディケアホールディングスグループ)
創業       昭和52年4月30日
開局       昭和55年4月30日
本社       〒277-0005 千葉県柏市柏1丁目1番7号 
                 TEL 04-7163-2532(代)   FAX 04-7163-4500
本部事務所    〒277-0005 千葉県柏市柏1丁目5番11号 柏NKビル5F
         TEL 04-7162-0007       FAX 04-7166-1184
資本金      1500万円
従業員数     90名
代表者名     代表取締役 小塩 和壽
売上       約15億円
                           主要取引先    株式会社スズケン・株式会社メディセオ・アルフレッサ株式会社
                                    株式会社大木・常盤薬品工業株式会社・ピップケアウェル安心株式会社
                                    株式会社日本ケアサプライ・株式会社ヤマシタコーポレーションその他
                           主要取引銀行   みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行・千葉銀行・京葉銀行
                           店舗       ハーブランド薬局                       昭和55年4月開局
                                    ハーブランド薬局柏3丁目店                  昭和63年12月開局
                                    ハーブランド薬局沼南店                      平成10年9月開局
                                    ハーブランド介護サービス                   平成12年4月開設
                                    ハーブランド薬局中央店                    平成17年4月開局
                                    ハーブランド薬局松戸店                    平成19年9月開局
                                    ハーブランド薬局東松戸店                   平成23年9月開局
                                    ハーブランド訪問看護ステーション               平成24年3月開設
                                    ハーブランド薬局セントラルパーク店              平成25年9月開局
                                    ハーブランド訪問看護ステーション セントラルパークサテライト 平成25年9月開設
                                    ハーブランド薬局南柏店                    平成26年10月開局
                                    ハーブランド介護サービス 流山居宅介護支援事業所       平成26年10月開設
                                    ハーブランド薬局東柏店                    平成27年4月開局     
<経営理念>
進みゆく高齢社会を正面から見据え、保険調剤薬局、介護事業者の機能を、
医療・介護・福祉に生かし、地域の人々から期待され信頼される企業を目指し地域社会に貢献する
高齢社会に伴い[保険調剤薬局]の業務においても、訪問薬剤管理指導等の在宅介護支援関連の
活動が増え、意思・歯科医師・看護師・介護支援専門員(ケアマネジャー)・介護士等と私達が協力して進める、チーム医療の役割が大変重要になってきています。
このような地域社会のなか、薬局と介護の機能を生かし、医療・介護・福祉とご利用になる方々との接点にたち、個々のニーズに合わせた最適なサービスをご提供しています。
私達の日々の[かかりつけ薬局]機能が、地域医療の多岐にわたり発揮できるのは最大の喜びです。
今後も私達は、地道な活動を絶やす事なく、患者様の信頼を一層深め、地域医療のためにもっともっと役立ちたいと考えております。
弊社は、地域ホームメディケアホールディングス株式会社の一員です。

本社機能

本社では、管理本部において総務、経理、人事、教育、福利厚生等を行っています。管理本部では会社全体をとおして、各部門各店舗において、
社員一人一人が業務を円滑に進められるように、また社内の連携がスムーズに行えるよう、多機能におよび活動しています。
人事管理・評価


労務管理

研修制度の確立





マニュアル作成


人材育成・雇用



ワークライフバランス
定期的な員数の見直し・調整
アセスメント評価方式により、公平な人事評価

労働基準局監督署認定の社内就業規則による管理

新入社員への指導、育成のサポート
講師を招いて行う研修会の企画・運営
外部の研修会に参加する社外研修会の参加支援
管理者研修会などの受講推進
[認定薬剤師][認定指導薬剤師][介護支援専門員][福祉用具専門相談員][登録販売者]等の資格取得支援等

調剤指針・業務マニュアル・店頭マニュアル・店長マニュアル・保険実務マニュアル等を独自に作成、
業務の速やかな運営をサポート

薬学生向け会社説明会の企画・運営
若年者等・既卒者トライアル雇用、若年者等正規雇用の受入
薬学生実務実習、専門学校(医療事務)研修生受入

仕事と子育ての両立支援に積極的に取り組んでいる企業として
千葉県の[社員いきいき! 元気な会社]に宣言登録
両立支援のための職場環境の改善および制度の見直し

研修制度

社員の職能向上、質の高い薬剤師の育成を目指しています。認定薬剤師、認定指導薬剤師、介護支援専門員、福祉用具専門相談員の資格取得を推進しています。
新入社員研修



社内学術研修








社外学術研修



メーカー勉強会
当社が作成した[調剤業務マニュアル][調剤指針][介護事業指針]にそって基本的なマナーから、
調剤業務、医療、介護保険制度のしくみ、商品知識等、中途採用の方、新卒の方に当社で働く上で必要な知識
および技能を身につけていただく為の研修を行っています。

調剤業務における事故防止のための方策、関連法規の遵守事項確認など、安全に薬局業務を
遂行するための技能向上や医薬品、薬剤の相互作用・副作用などの服薬指導法など、社員および薬局全体の
機能向上を図るため、毎年定期的に外部講師や社内専任講師による講習を行っています。
(講習会例) 
・保険薬局について(薬剤師と薬局が果たす役割と機能)
・医薬品の安全使用のための業務手順について
・在宅医療制度について
・無菌製剤・輸液の種類と内容について

社員一人一人の資質の向上とスキルアップを目指し、薬剤師会、薬剤師研修センター主催の講習会や、
介護サービス事業者協議会、社会福祉協議会主催の研修会、各メーカー主催の勉強会等への積極的な参加を推進しています。
研修会にかかる費用(参加費、交通費)を支給しています。

製薬メーカーによる[薬の最新情報]や[新薬情報]等についての定期的な勉強会や、介護についての勉強会等を開催しています。
(勉強会例) 
・アルツハイマー型認知症治療剤[メマリー錠]について (第一三共)
・[ルナベル配合錠]について    (日本新薬)
・[SSRI]と治療薬について
・高齢者にみられる鬱病について (ファイザー)                      
・[福祉用具の正しい選定]     (日本ケアサプライ)

地域ホームメディケアホールディングス株式会社について    2015年4月1日設立

ごあいさつ

 現在、調剤薬局は全国に5万5千施設以上にのぼり、コンビニエンスストアの数より多く、
医薬分業も70%を超え、処方せん調剤も常識となってきております。
そして近年、超高齢社会の到来に伴い、医療・介護の事情が大きく変化してきています。
地域の中でそれぞれの医療・看護・介護が個別に良質なサービス提供を実践することには
限界があり、ネットワークを広げ幅広い視点からニーズに応えていくことが求められる時代になっています。
 中学校区単位の地域で医療・介護・予防・住まい・生活支援が一体的に提供され、
要介護を必要とする状態となっても、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを、人生の最後まで続けることが
できるように支援していくためには、チームケアが重要なポイントです。
そのためには地域における多職種サービス提供機関と連携し、社会資源を適宜バランスよく用いることが必要であり、
地域住民と協力して健康問題に取り組んでいくことなど幅広い実践が求められます。
 この度、地域包括ケアを実践するインフラを構築すべく、地域経済活性化支援機構の協力を仰ぎ、
地域ホームメディケアホールディングス株式会社を設立することとなりました。
  地域ホームメディケアホールディングスは、東葛地区を出発点として、全国の地域密着型調剤薬局や
補完事業(配食・介護施設・訪問看護)等と資本統合しつつ、2025年までに日本全土に地域包括ケアのインフラを
形成することに力を注ぎます。是非皆様のご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

                                      地域ホームメディケアホールディングス株式会社
                                                  代表取締役 小塩 和壽

会社概要

  <企業名>
  <設立>
  <本社所在地>
  <資本金> 
  <代表取締役>
  <連結売上>
  <事業内容>
  <主要取引銀行>
地域ホームメディケアホールディングス株式会社
平成27年4月1日
〒277-0005  千葉県柏市柏1丁目1番7号
5億4400万円
小塩和壽
約15億円(平成26年9月現在)
地域密着型調剤薬局の運営支援
みずほ銀行・千葉銀行

事業目的

1.各事業者を統合する持ち株企業化により意思決定が統一できる共同体を作る。
2.他業種連携による組織力を醸成、地域のクリニカルパス、中間セーフティネットを構築する。

【構想の意義・目的】
地域密着のフェイスtoフェイスで、在宅医療・介護・高齢者支援サービスを実施している
小規模・中堅の地元企業統合(株式企業化による統合)し、地域単位でみた高齢者に対する
継続的な『地域包括ケア(自立支援を含む)』の社会インフラを確保することを目的とします。
例えば、様々なサービス機能が組み合わさった拠点を各地域に作り、高齢者に居場所を与える、
そうした取り組みの一環としてコンビニエンスストアや飲食店などの民間企業による健康増進や、
生活支援のための多機能サービスの拠点「ワクワク(WAC WAC)プレイス」なども考えられます。
⇒薬局がワクワクプレイスの中心となるべきと考えています。
地域ホームメディケアホールディングスは、薬局を中心とした大きな地域包括ケアの多職種連携を優先し、
それぞれの地域にインフラを残していく関東エリア発信の全国展開として発足します。

- 地域包括システムとは -
 ①安心して退院できる体制が地域にある状態
 ②ケアサイクルが減少する地域であること
 ③健康長寿の取り組みが溢れていること

地域ヘルスケア産業支援ファンド

image
                      REVIC(地域経済活性化支援機構)について、詳しくはこちら

ライフエンタープライズ株式会社とは

image 進みゆく高齢社会を正面から見据え、保険調剤薬局、介護事業者の機能を、
医療・介護・福祉に生かし、地域の人々から期待され信頼される企業を目指し、
地域社会に貢献する。


高齢社会に伴い「保険調剤薬局」の業務においても、訪問薬剤管理指導等の在宅介護支援関連の
活動が増え、医師 ・歯科医師 ・看護師 ・介護支援専門員(ケアマネジャー) ・介護士等と
私達が協力して進める、チーム医療の役割が大変重要になってきています。
このような地域社会のなか、薬局と介護の機能を生かし、医療 ・介護 ・福祉 とご利用になる方々との接点にたち、個々のニーズに合わせた最適なサービスをご提供しています。
私達の日々の「かかりつけ薬局」機能が、地域医療の多岐にわたり発揮できるのは最大の喜びです。
今後も私達は、地道な活動を絶やすことなく 、患者様の信頼を一層深め 、地域医療のために役立ちたいと考えております。
弊社は、地域ホームメディケアホールディングス株式会社の一員です。

医療・介護サービスの提供体制改革後の姿 (サービス提供体制から)

image

▲ ページトップ