ハーブランド薬局機能のご紹介

PHARMACY

ハーブランド薬局は8店舗が千葉県認定の“地域連携薬局”です

地域包括ケアの一翼を担う薬局
地域の健康ステーションを目指し健康サポート活動にも力を入れています

地域連携薬局

地域連携薬局

画像

地域連携薬局とは

地域において、他の医療提供施設に勤務する医師をはじめとした医療関係者との連携体制を構築した上で、外来受診時だけではなく、在宅医療への対応や入退院時を含め、様々な療養の場を移行する患者等の服薬情報を一元的・継続的に情報共有することができる薬局に対し、都道府県知事より認定された薬局です。患者様が自身に適した薬局を選べるよう改正薬機法において新設された認定制度となっております。

〔主な要件〕
・高齢者、障碍者に配慮した施設の構造設備
・関係機関との情報共有(入院時の持参薬情報の医療機関への提供、退院時カンファレンスへの参加等)
・夜間・休日の対応を含めた地域の調剤応需体制の構築・参画
・地域包括ケアに関する研修を受けた薬剤師の配置
・在宅医療への対応(麻薬調剤の対応等)等

患者様が地域連携薬局を選択するメリットとして、
・他の医療提供施設との情報連携による服薬情報の一元的・継続的な把握とそれに基づく薬学的管理・指導により、副作用等の継続的な確認を受けられ、また、多剤・重複投薬や相互作用が防止される。
・24時間対応、在宅医療対応が受けられる
などが挙げられます。

健康サポート薬局

健康サポート薬局

画像

健康サポート薬局とは

☆24時間対応やお薬の管理など、かかりつけ薬局としての
 充実したサービスを行う「かかりつけ薬局機能」
☆健康相談や病院・関係施設への紹介など、地域住民の健康を
 積極的に支援する「健康サポート機能」

この2つの機能を備え、厚生労働省の
一定の基準(※)を満たした薬局です。
                          
※薬剤師の資質(一定以上の経験年数、研修受講等)、
 薬局内の設備、アクセスしやすい開店時間の設定等

健康サポート薬局イメージ図

画像

かかりつけ薬局業務

かかりつけ薬剤師をもちましょう!

画像

かかりつけ薬剤師とは

平成28年4月の診療報酬改定により、
薬局で正式に[かかりつけ薬剤師]制度が導入されました。
制度の内容や活用する事によるメリット、
登録までの流れなどをご紹介致します。[かかりつけ薬剤師]は、勤務経験、研修認定、地域活動への取り組みなど一定の要件を
クリアした経験豊富な薬剤師のスペシャリストです。
専属の薬剤師が24時間体制で、あなたの健康をサポートします!

画像

かかりつけ薬剤師をもつためには

薬局で[かかりつけ薬剤師]の指名が必要です。
国が定める一定の要件をクリアした経験豊富な薬剤師の中から、
ご希望の薬剤師を1名のみご指名下さい。
同意書に署名を頂く事で、あなたの[かかりつけ薬剤師]となります。

※かかりつけ薬剤師が薬をお渡しする場合、保険負担割合に応じて
最大100円ほど追加でご負担頂く事になりますので、ご了承下さい。

訪問在宅

訪問薬剤管理指導

画像

訪問薬剤管理とは

居宅において療養中で、通院が困難な患者さんに対して、医師の指示に基づき、薬剤師がご自宅を訪問し、服薬指導、薬剤管理、薬剤服用状況および薬剤保管状況の確認等、患者さんにお薬を正しく服用して頂くための[薬学的管理指導]を行います。
その後、訪問結果について必要な情報をレポートし医師へ提出します。
医療保険の場合[在宅患者訪問薬剤管理指導]、介護保険の場合[居宅療養管理指導]といいます。薬剤師が訪問することで、
患者さんの生活空間、薬剤の服用状況、併用薬等を把握することができ、生活の中で本当に必要とされる指導ができます。
高齢社会をむかえ、在宅サービスは今後さらに必要とされていくと考えます。
また、チーム医療の一員として、得られた情報を薬剤師の視点から検討し、関連職種・機関にフィードバックすることで、積極的に医師・看護師・介護支援専門員(ケアマネジャー)・介護士等との連携の強化を図り、地域医療の充実に貢献していくことを目指しています。

画像

無菌調剤

当薬局では、在宅における高カロリー輸液療法等や疼痛管理法等の対応を可能とし、「自宅で治療を受けたい」という患者さんの願いを叶えるためにセントラルパーク店と南柏店に無菌調剤室を設置し、地域医療機関と連携して在宅緩和ケアの推進に取り組んでいます。
在宅医療で使用する注射薬等について、正しく安全に使用されるよう、できるだけ患者さんやご家族の方にわかりやすい方法で調整を行い、病状に変化があった場合は使用法等の見直しを行っています。

 ※無菌調剤室設置により・・・
◇在宅中心静脈栄養法
◇在宅科学療法
◇在宅自己疼痛緩和療法
◇在宅経管栄養法     などが可能になります。

在宅医療連携医療機関一覧